2015年06月19日

体質快善ノート

ストレッチで、カラダメンテナンス  


lgf01a201308250000.jpg


しなやかなからだづくり

肩こりや腰痛、冷え症、むくみなどに悩まされているお客様に、ストレッチをやっていますか??と聞くと、たいていやってません、とか、そんな時間あるなら寝ます、とか、適当にやってます。などの答えがかえってきます。


だからサロンに来るんでしょ〜!!!  と、それもそうなのですが、何よりも生活習慣の改善をしながら、サロンに通うことが体質快善の一番の近道です。、体は、愛情を注げば変わります。



そこで、今回の体質快善の実践項目は、ストレッチ!


めんどくさがり屋さんや、体が硬い人でも、ストレッチがしたくなりますように、、、


ストレッチ効果    参考文献  みんなのストレッチ  宮地元彦 著

1,   血管や関節が生き生きと若返る

筋肉や血管、骨、皮膚、靭帯などには、コラーゲンというタンパク質、そしてコラーゲン繊維を支えるエスラチンという繊維が存在します。


ところが加齢などが原因で、コラーゲンやエスラチンに糖がこびりついたり、複雑に絡み合うと、筋肉や血管が硬くなったり、関節の動きが悪くなったり、皮膚がたるんだりします。

私たちの体内には、繊維芽細胞があり、普段は眠っている状態ですが筋肉を伸ばしたり縮めたりするストレッチなどの運動をすると、この繊維芽細胞が目覚めて、コラーゲンやエスラチンの糖化した部分
を壊し、新しいコラーゲンやエスラチンを作るように促します。
その結果、糖化してかちかちになっていた血管はしなやかになり、ギシギシと動きが悪くなっていた関節はスムースに動きやすくなります。


2.  筋肉の質がグンと良くなる

筋肉は、伸ばしたり縮んだりという刺激を受けると、筋芽細胞が活性化されます。そして筋芽細胞が同士がくっついて筋繊維となり、脂肪のない、いわゆる赤身肉の状態となります。

ところがこういう刺激をうけないと筋芽細胞は脂肪細胞に分化されてしまい、脂肪のさしが入った霜降り肉の状態になってしまいます。老化した筋肉とはまさにこの霜降り状態。質が悪くなってしまいます。このような状態になってしまった筋肉でも、ストレッチをして刺激を与えることで赤みの状態に戻すことができます。

ストレッチによる繊維芽細胞の活性化と相まって、老化した筋肉は若返り、筋肉の質が良くなります。

3  血液、リンパがスムースに流れる。

コリやむくみを生じている部分というのは、血液やリンパの流れが悪くなり、凝り固まった状態になっています。
ストレッチで筋肉を伸ばしたり縮めたりすれば、ポンプのような作用 =筋ポンプ作用が働いて、血液やリンパの流れが促され、炎症物質や疲労物質が運び出され、除去されます。そして、血液が新鮮な酸素や栄養を運んでくれるので、血管や筋肉が正常な状態に戻りやすいのです。

4  .副交換神経が働き、心身がリラックスする。

ストレッチは呼吸法を大切にする運動です。
ゆっくりと息を吐きながら筋肉を伸ばすことで、副交換神経を優位に働かせることができるのです。


4364591738_eed09beebd_o.jpg



効果的にストレッチする為の7つの基本。

 1. 息を吐かなければ、筋肉は伸びない。

 2. ゆっくり筋肉を伸ばしながら、痛気持ちいくらいで止める。

 3. 一つのポーズは呼吸をしながら30秒かけて

 4. ストレッチしている場所を意識する。


一日10分からでも、きもちよ〜く、心地よ〜く、カラダメンテナンス!!
をスタートしましょう!!



温熱SAKURAでは、オーダーメイド施術後に、その方に合わせたストレッチを一緒に行うこともあります。
何から始めたらいいかわからない方、なかなかやる気が起きない方、体が硬すぎる方、是非一緒に始めましょう!



初めての方へ

温熱 SAKURAオーダーメイド未体験の方は、初回割引をご利用下さい。また今の体の体質に悩みのある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。一緒に、理想の体作り、目指しましょう!


http://sakura-salon.info/index.html













posted by 温熱サロンSAKURA at 20:01| Comment(0) | 体質快善ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: