2016年03月07日

おすすめの水素の話

こんにちは。築地・東銀座・銀座の
冷え・ストレスからくるひどく辛いカラダを
芯から温め気持ち良く癒す体質改善サロンサクラの新人内田です!



「老化」 それは大人への第一歩
「老化」 それは乙女心を狂わせる
「老化」 それは永遠(とこしえ)のクエスチョン・・・


今日は大人女子なら誰しもが悩みの種の1つになる老化についてのお話です!


あなた「やだわ...こんなところに新しいしわが...そして最近はなんだか疲れやすいわ(´Д⊂ヽ」


さくら「お疲れのようですね。ところで、老化の原因は何か知っていますか?」


あなた「何かしら。教えてさくらさん。(´・ω・`)」



老化の原因、それはずばり活性酸素の仕業です!!!

活性酸素は過剰になると、細胞膜を破壊し、からだを酸化させ老化を早めます。
活性酸素を増やす原因としては
・強いストレス
・紫外線を浴びる
・激しい運動をする
・喫煙や飲酒、食生活の乱れ
・食品添加物や環境問題
など、現代人には避け辛い問題ですね。



あなた「過剰な活性酸素がからだに良くないことはわかったけど、どうしたらいいのかしら(´・ω・`)」


さくら「大丈夫です!!水素水が活性酸素を無毒化してくれますよ」


あなた「水素水ね!最近よく聞くわね。でも水素水って開封した瞬間から抜けていくって聞いたけど。
それに熱にも弱いって。」


さくら「一般的な水素水はそうですね。」


あなた「てことは、開封したら一気に飲まなくてはいけないの?わたしそんなに一気には飲めないわ。冷たいも のはからだが冷えるし苦手なの(´・ω・`)」


さくら「冷え症の方は一気に飲むのは少しつらいかもしれないですね。では、開封しても沸騰させても、抜けない水素水だったらいかがですか?」


あなた「そんなのがあったら素晴らしいけど、さすがにそこまでは無理なのでは?(´・ω・`)」




安心してください!!抜けませんよ!!!!!



さくらの水素水はもちろん一味違います!
こちらをご覧ください。」



ペットボトルなのに水素が抜けない!世界初の特許技術の水素原液100%です!!


マイナス水素イオンは水素の2倍の働きをして悪玉活性酸素を退治します!!
霧吹きスプレーに原液をいれて化粧水前に、アトピーや傷口、つらい花粉症には目や鼻にもスプレーできます!



あなた「これならわたしにも飲めるわ!水素って健康にもとても良いのね!でも、すごく高額なんじゃ(´・ω・`)」


さくら「さくらの水素水は今なら通常10800円のところ30%オフの7560円で買えます。1本で500mlの水素水が50杯作れます(^^)」


あなた「これならわたしにも続けられそうだわ。忙しい旦那さんにも料理に入れて飲ませよう(^^)」


さくら「末永い美しさと健康の向上に役立ててくださいね(^^)」


めでたしめでたし。


サクラスタッフも興味津々の水素現役「永久の輝き」は、いまなら試飲もできます!



温熱さくらの水素水の最強タッグをあなたも試してみませんか?



銀座・東銀座・築地の体質改善サロンは温熱サロンSAKURA

冷え・ストレスからのひどく辛いカラダを
極上癒しの体質改善セラピーで芯から温め、健康な体づくりをサポートします


場所  中央区築地4-4-15 東銀座ロイアルハイツ306
営業時間 11時〜22時(時間外応相談)
定休日 不定休

◆サロンHP
◆サロンまでの行き方
◆初回のご予約(空き状況)
◆お客様の声


予約・お問い合わせ
お電話:03-6264-3458
(施術中は電話に出れない場合がございます。
 折り返しこちらよりご連絡させていただきます。)

メール:onnetsu.sakura@gmail.com



LINE@からもお問い合わせ可能です!📲✨
友だち追加
ボタン追加できないときはID検索「@onnetsu.sakura」
トークよりお気軽にご予約やお問い合わせ・ご相談ください!
友だち追加だけでもOK!
LINE@限定のお得なキャンペーン等がたまーに届きます。

PCから方はQRから友だち追加
サクラLINE@_QR.jpg



お気軽にお問い合わせください。

冷え・ストレスからくるひどく辛いカラダを芯から温め気持ち良く癒す体質改善サロンのお客様は、中央区、江東区、港区、銀座、東銀座、築地、豊洲、信富町、月島、勝どき、晴海、八丁堀、京橋、茅場町、日本橋、汐留、江戸川区、千代田区、台東区、世田谷区、渋谷区、杉並区、埼玉県、千葉県、神奈川県からお越しいただいております。
posted by 温熱サロンSAKURA at 16:54| Comment(0) | 店主のひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: